Jerrio's Cafe

店主Jerrioのよもやま話と音楽の世界にようこそ...

スポンサーサイト

Posted by Jerrio on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

闇の中の光

Posted by Jerrio on   0 comments   0 trackback

2011年3月11日は歴史的な日になってしまった。
今日は13日。朝から暖かな日差しが降り注いでいる。
一昨日から起こっていることが嘘のような穏やかな日だ。
しかし、気分はどこまでも重く、落着かない。

自然は時にやさしく、時に厳しい。
人はその恩恵を受け、自然と折り合いをつけながら生きる。
しかし、時に自然は大きく牙を剥く。
それは自然の持つ本質的な調整作用だとしても、
人はその営みに成すすべも無く翻弄される。

なんと無力なのだろうと思う。
この高度に文明化された現代においても、こうだ。
結局のところ、最後に人に残るものは、
悠久の彼方から連綿と続く、生身の「人」としての「絆」だけなのだろう。
それさえも無残に引き裂かれるのを見ると、いたたまれなくなる。

遠く離れた地だが、他人事とは思えない。
僕達にできることからやっていきたいと強く思う。


考えてみると、一昨日から音楽らしきものを耳にしていない。
テレビでも一切流れない。
喫緊のリアルな現状の中では、残念ながら音楽は不必要なのだ。

しかしその嵐を抜けた「人」には、たくましい生命力が宿っている。
その先を目指す思いの中で、音楽や歌は大きな意味を持つのだろう。


からだが強張っている。
長時間、映像を眺めていたので、ずっと力が入っていたようだ。
ふっ、と力を抜いて、久々に何か聴こうと思った。
でも、今どんな音楽でもいい、とはならない。
少し考えて、坂本龍一のピアノソロアルバム「BTTB」(International盤)を手に取る。

BTTB / Ryuichi Sakamoto
BTTB / Ryuichi Sakamoto(International盤)


静かな部屋に、小さめの音で音楽をかける。
目を閉じ、椅子に体を沈める。

"Energy Flow"から始まるピアノの音が
じわじわと細胞のひとつひとつに染みわたっていく...

"Put Your Hands Up"は、かつて「筑紫哲也ニュース23」のテーマだった。
その音楽の中で、救出や再会の光景を思い出しながら、少しうつろな頭で思う。
筑紫さんがこの光景を見たら、どのように報道し、何をコメントしただろう...


眠っていたのだろうか、CDがほぼ終盤になっていた。
14曲目"Aqua"が静かに流れている。
この穏やかな、希望に満ちた音楽を聴きながら、少し軽くなった気分に気付いた。

被災地はまだまだ不安な闇の中にある。
しかしその先にある光だけは失わないでいて欲しい、と強く願うばかりだ。

*** ここに紹介の「BTTB」は International盤で、国内盤とは曲目が違います。
   特に最初に紹介した2曲は国内盤では「BTTB」ではなく、「ウラBTTB」に入ってます。


<追記> 坂本龍一が、ニュース23で、筑紫さんの前で "Aqua"を演奏した映像がありました。
       懐かしいです。(確か、9.11の特集のときだったのでは)  

      Link: Ryuichi Sakamoto (坂本龍一) - Aqua

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jerrio.blog118.fc2.com/tb.php/36-86b78a8d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。