Jerrio's Music Cafe

店主Jerrioのよもやま話と音楽の世界にようこそ...

Like a Star

Posted by Jerrio on   2 comments   0 trackback

最近、CDショップや音楽雑誌で「女子ジャズ」という言葉が目に付く。偏狭な「おやじジャズ」と対比すると面白く、ちょっと商業主義っぽいけれど、裾野拡大という点では歓迎すべき傾向だと思う。

そういえば昨年のこと。会社の宴会で参加者のキャンセルが出たと聞いたので、別部門ではあるが入社数年目の元気な若手に声をかけた。彼は「女子は何人くらい来るんですか?」とたずねてきた。女子!一瞬、それは若い女性のことか?と思ったが、会話の中に「男子」という言葉も出て、話の流れから男女の数のことだとわかった。「それを言うなら”女性”やろ。」と一瞬言いかけたが思いとどまり、「おじさん風」を吹かすことなく、引きつりながらも彼の会話に乗った。

「男子」や「女子」という言葉は高校生くらいまではよく使ったが、それ以降ほとんど使わなくなった。でも今や、「女子会」や「スイーツ男子」など、この言葉は頻繁に日常会話の中に登場してくる。「おとこ」「おんな」だとちょっと乱暴な感じがするし、「男性」「女性」だとかたいイメージがある、ということで使われ始めたのだろう。確かに「男子」、「女子」というのは、性差の持つイメージがソフトで、今風ではある。恐らく今後は、ニュアンスによって使い分けられるようになっていくのだろう。

「女子ジャズ」に火をつけたのは昨年の1月に発売された本、「Something Jazzy 女子のための新しいジャズ・ガイド/ 島田奈央子・著(駒草出版)」だと思う。この本は、「女子ジャズ」コーナーによく置かれていて、実は読んだことはないのだが、シチュエーションに応じたおすすめアルバムが紹介されているらしい。ということで、土曜日の夕食後、就寝までのひと時を好きなことをして過ごすとき、僕自身、時折無性に聴きたくなるアルバム、ぜひ「女子ジャズ」界におすすめしたい大人の一枚を紹介しよう。ジェーン・モンハイト 「The lovers, the dreamers and me」 だ。

The Lovers, The Dreamers And Me / Jane Monheit
The Lovers, The Dreamers And Me / Jane Monheit


これは、既に8枚のアルバムを出している彼女の7作目で、初めて聴いたとき、僕の中で既に創られていた”ジェーン・モンハイト像”をようやく100%満たしてくれた、と感じ入ったアルバムだ。まずはその選曲、巨匠ギル・ゴールドスタインによる編曲、そしてその声の醸し出す雰囲気。全てが素晴らしく、渾然となってアダルト・コンテンポラリー・ジャズの境地へ連れて行ってくれる。

彼女は1998年、20歳のとき「セロニアス・モンク・コンペティション」に入賞し、それ以来、正統派スタイルでスタンダード・ジャズを中心に歌う「ジャズ・シンガー」として活動してきた。その決して絶唱しない滑らかなシルキー・ボイス、可憐で嫌味のない色気を感じさせる歌いまわし、さらにステージ映えのする容姿も加わり、ジャズシンガーとしての人気を不動のものとし、コンスタントに作品を発表し続けている。

このアルバムのおすすめ曲を言い出したらきりがない。特に後半、ボニー・レイットの佳曲 "I ain't gonna let you break my heart"、元ブロードウェイ・ミュージカルの曲だったスタンダード "Ballad of the sad young men"、ブラジルが生んだ奇才イヴァン・リンスの切ない楽曲"No Tomorrow"へと続くくだりは、聴いていると、そのしっとりとした歌声と寄り添い進む静かな音楽に、心の奥に横たわった澱(おり)が少しずつ浄化されていく、そんな不思議な感覚に陥る。繰り返し聴きたくなるのは、このあたりが麻薬のように効いてくるからかもしれない。

しかし、なんと言ってもこのアルバムは、一曲目の"Like a Star"が目玉だろう。このコリーヌ・ベイリー・レイの名曲は、リリース時点(2008年)では世に出てから2年しかたっていない。ギル・ゴールドスタインはこの新しい曲をボサノバ調にアレンジ、ギターに加え木管と弦を効果的に配しながら舞台を整え、ジェーンはそれに応えて、実に滑らかに、しっとりと歌いきる。まるで本作の全てを冒頭で語り尽くしているようだ。

  Link:  Jane Monheit - Like a Star 

このアルバムを聴くと、いつも "Like a Star"のオリジナルを聴きたくなって、コリーヌ自身の名前を冠したデビューアルバム「Corinne Bailey Rae」を手に取る。もちろんこの作品はジャズではない。コリーヌは英国出身のシンガー・ソング・ライターだ。

Corinne Bailey Rae
Corinne Bailey Rae


最初ジャケットの写真を見たとき、「なんかこんな子、小学校のときいたよなぁ」とえらく親近感が湧いた。そして一曲目"Like a Star"を初めて聴いて、いきなり心を「ぎゅーっ」とつかまれた。一聴してそう感じたのだ。この曲に前奏はない。いきなりコリーヌの声で始まる。「Just like a star across my sky ...」 残響を抑えた声に、耳元で歌っているような近さを感じる。その少しかすれた声質は、音の変わり目に独特の濁りが入り、それでいて初々しくかわいさを残す。そして、ライブ感あふれる楽曲を聴いていけば、その実力もわかってくる。この作品はコリーヌならではの声で彼女の世界を全開させた名作だ。

  Link:  Corinne Bailey Rae - Like A Star

しかし、ジェーン・モンハイトがジャズでこの曲のカバーを録音している頃、順調にセカンドアルバムの準備をしていた矢先のコリーヌに不幸が訪れる。学生時代に知り合い結婚し、公私共に彼女を支えてきたサックス奏者のジェイソン・レイ氏が不慮の事故でなくなったのだ。リリース予定だったアルバムも作る気力をなくし、1年近く何もできずにただキッチンのテーブルに座っているだけだったという。それを乗り越えたコリーヌはセカンドアルバム「The Sea」を昨年ようやくリリースした。

”私の空を流れる星のように、ページから抜け出してきた天使のように、あなたはわたしの人生に現れてしまった。”明らかにコリーヌがジェイソンのことを歌った"Like a Star"。星であり、天使であった夫を亡くしたコリーヌの復活を思いながら、今やジェーンのアルバム以降、ニュー・スタンダードとして様々なジャズ・シンガーに歌われるようになったこの名曲を「女子ジャズ」でもぜひ味わって欲しい。きっと元気がもらえると思うよ。



拍手」とあわせて、こちらもポチッとお願いします!

スポンサーサイト

Comment

夏実 says... "そっと*:。.☆"
コリーヌ・ベイリー・レイのオリジナルも、そっと楽しませていただきました。
その作品に寄り添うお話をうかがいながら耳を傾けておりますと、なんとも言えない気持ちになって。
素敵な作品、アーティストをご紹介いただきましてありがとうございました.*:。.☆
2011.02.20 10:21 | URL | #oFp981EI [edit]
Jerrio says... "Re: そっと*:。.☆"
★夏実さん
コメントありがとうございます。
素朴なオリジナルには、この曲の本質が詰まっていますよね。
これからこの曲が、どういう形でカバーされていくのかも楽しみです。
2011.02.20 11:34 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jerrio.blog118.fc2.com/tb.php/33-4500796d